スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノウイング (ニコラスケイジ)

世界の終焉を題材にした映画は多いですね。
このノウイングもそのひとつ。

ニコラスケイジも今回はあまり派手な立ち回りはありませんが、父親役も意外といけてます。
ありがちなストーリーです。
テーマは親子愛といったところでしょうか。
もうひとひねりあって欲しかったですね。

自分の幼き息子との父子家族生活と、親との確執がありながら、世界の終焉を目前にお互いを思いやる。
捉えているところは良いですが、50年前に書かれたメッセージの意味がなくなってしまっています。
主人公やその息子が手にした意味がどこかで出てくると、面白いのでしょうけど。

結局、予知した女性は苦しんだだけでしんだことになりますから。
選ばれたはずの人間なのに、ちょっと悲惨です。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://raises.blog63.fc2.com/tb.php/11-dd3dc849

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。