スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュームーン トワイライト・サーガ

2009年公開のアメリカ映画。
不老不死のバンパイヤと女子高生のラブ・ロマンスが描かれています。
前作の『トワイライト〜初恋〜』(2008年公開)が、予想より良かったので今回も見てみました。

原作である小説が、若い女性から絶大な人気を誇っているだけあって、女性向きの映画です。
バンパイヤ映画といえば、スリルやサスペンスが付き物のように感じますが、そういうものではないですね。
主人公にも突出した力があるわけでもないので、巨大な敵に立ち向かうということもありません。

でも、何故か面白いですね。
10代の女の子の心情が上手く表わされているからでしょうね。
まっすぐで……たとえ無謀でも、その愛を追い求める。

見た目17歳のバンパイヤと(エドワード)、主人公である女子高生のベラの恋物語ですが、今回は人狼である年下のジェイコブも大きく関わってきます。
エドワードとジェイコブがあまりにも対照的な存在ですので、逆に主人公を惑わさせているのは、良く考えられた手法なのかも……思ってしまいます。

女性にはオススメの映画です。
男性の方は……たぶん、物足りないかと思います。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://raises.blog63.fc2.com/tb.php/19-f03fd4e8

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。