スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂

2010年のアメリカ映画。(『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』でも監督だった、マイク・ニューウェルが監督を務めています。)
2004年発売の同名のTVゲームを実写映画化したアクション・アドベンチャー。
でもストーリーは異なっています。
世界観や設定をいかしたオリジナルストーリー。
13世紀末の中近東を舞台に、手に入れた者は数分だけ過去に戻って過ちを修正することができる「短剣」を巡っての冒険です。

冒険ものの王道的なストーリーです。
主人公は正義で、悪は悪らしく最後まで通しています。

ウォルト・ディズニーですし、製作を手掛けたのは『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのプロデューサーだったジェリー・ブラッカイマーですから、納得のストーリーでしょう。
子どもでも楽しめるはずです。

ついでにいうと、ニコラス・ケイジ主演の『魔法使いの弟子』も観てみたいですね。
これも、ジェリー・ブラッカイマー製作です。

動機付けが弱いのと軽いストーリーが少し気になりますが、心地よいテンポで進んでくれますので、楽しめます。

後味の良い映画です。

評価は70点。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://raises.blog63.fc2.com/tb.php/38-9e048128

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。