スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命のボタン(The Box)

運命のボタン(The Box)
キャメロン・ディアス主演、2009年のアメリカ映画。

予告で観た感じでは……
ある日届けられたボタンの付いた箱。
ボタンを押すと、100万ドルが手に入る。
しかし代わりに、見知らぬ誰かが命を落とす。

…そうか、きっとお金を取るか、命を大切に想うか、
貧乏家族が選択に迫られる人間の内面を描いた映画なんだろうなぁ…と
思っていたら、全然違いましたね。

以外にもあっさりボタンを押してしまいます。
まあ、箱を分解して空っぽなのを確認しているだけに、何の効果も無いもの
だと主人公が考えても仕方ない設定がありましたので。

最初はヒューマンドラマかと思っていたら、SFだったり、サスペンスだったり……。

一番かわいそうなのは、ジェームズ・マースデンが演じる夫アーサー。
何一つ悪いことをしていないのに、酷い目に遭ってしまいますから。

すっきりしない謎は残ってしまいますが、全体としては道徳的なお話にまとまっています。
身勝手な考えを持つものは、滅んでしまうということで。

あらすじは…

ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)の夫婦の元に
突然届けられた箱。
ノーマは教師。アーサーはNASAの技術者(非正規)。生活はそれほど豊かではなかった。
箱の届け主はフランク・ランジェラ演じるスチュワート。
スチュワートは、「24時間以内にそのボタンを押せば100万ドルが手に入るが、代わりに見知らぬ誰かが命を落とす」
と告げて去っていく。
男のことを信用しないアーサーは、箱を分解し、空っぽだということをノーマに見せる。
半信半疑だったノーマは、怖さもあったが、ついボタンを押してしまう。

ところが翌日100万ドルを届けに来たスチュワートに驚き、現金を返そうとするがそのまま去ってしまう。

誰かが死ぬ……その誰かが、明日は自分かもしれないという不安にかられ、男が何ものなのかを
必死でつきとめようとするが……。

ボタンを押してからの二人は、ずっとかわいそうです。
お金に困るように仕組まれていただけに、この二人が単に悪いとは言えませんが、ボタンを押したこと
自体が悪いことだと、本編は物語っています。
最後まで救いがないのがちょっと残念でしたね。
いつものキャメロンではないのもちょっと残念。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://raises.blog63.fc2.com/tb.php/42-61ea2e5f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。