スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャッターアイランド

シャッターアイランドは、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演の映画。
謎解きミステリーと大々的な宣伝に釣られて見ましたが……なんだか使い古されたオチで、全くダメです。

あらすじは…

精神疾患を持つ犯罪者を収容している孤島の刑務所。
そこで一人の女性がメッセージを残して消えると言う事件が発生。
連邦保安官テディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は事件を捜査するために新しい相棒チャック(マーク・ラファロ)ととも島にやってくた。
表向きは捜査に協力するという島の警察官や医師は、何かを隠しているようなそぶり。

この島では、ナチスのように人体実験を行っているという事実を突き止めるテディだが、彼にはもう一つ目的があった。
放火により妻を殺害したレディスを見つけること。
誰も信じることができない状況の中で、テディはレディスを追うと共に人体実験の全貌をつかもうとするが……。



いや、実にありがちなパターンです。
主人公が犯人だとか、すべて主人公の妄想だとかいうストーリーは、正直全く楽しめません。
途中でオチが読める上に、誰も救われない。
物語の全てが、精神疾患患者の妄想ということになれば、もうなんでもありです。

唯一良かったのは、最後のシーンだけ。
「モンスターとして生きることと、善人として死ぬこと、どちらがましか…」というテディのセリフ。
病気を回復したかに思われたテディが、また妄想を語ったところで、ロボトミー手術を受けさせられるというところでのセリフですが、このセリフで実はテディがまともであったことが分かります。
まともであったテディは、妻に子どもを殺され、その妻を自分が殺したという重圧に耐えられなかった。
その現実を受け入れて生きるのなら、生ける屍となった方がいい……そう思ったのがわかります。
相棒のチャックもそれに気付きますが、あまりに酷な現実に、ロボトミー手術をすることを止めずにいます。
このシーンだけは良かったです。

しかし、面白くない映画でした。

運命のボタン(The Box)

運命のボタン(The Box)
キャメロン・ディアス主演、2009年のアメリカ映画。

予告で観た感じでは……
ある日届けられたボタンの付いた箱。
ボタンを押すと、100万ドルが手に入る。
しかし代わりに、見知らぬ誰かが命を落とす。

…そうか、きっとお金を取るか、命を大切に想うか、
貧乏家族が選択に迫られる人間の内面を描いた映画なんだろうなぁ…と
思っていたら、全然違いましたね。

以外にもあっさりボタンを押してしまいます。
まあ、箱を分解して空っぽなのを確認しているだけに、何の効果も無いもの
だと主人公が考えても仕方ない設定がありましたので。

最初はヒューマンドラマかと思っていたら、SFだったり、サスペンスだったり……。

一番かわいそうなのは、ジェームズ・マースデンが演じる夫アーサー。
何一つ悪いことをしていないのに、酷い目に遭ってしまいますから。

すっきりしない謎は残ってしまいますが、全体としては道徳的なお話にまとまっています。
身勝手な考えを持つものは、滅んでしまうということで。

あらすじは…

ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)の夫婦の元に
突然届けられた箱。
ノーマは教師。アーサーはNASAの技術者(非正規)。生活はそれほど豊かではなかった。
箱の届け主はフランク・ランジェラ演じるスチュワート。
スチュワートは、「24時間以内にそのボタンを押せば100万ドルが手に入るが、代わりに見知らぬ誰かが命を落とす」
と告げて去っていく。
男のことを信用しないアーサーは、箱を分解し、空っぽだということをノーマに見せる。
半信半疑だったノーマは、怖さもあったが、ついボタンを押してしまう。

ところが翌日100万ドルを届けに来たスチュワートに驚き、現金を返そうとするがそのまま去ってしまう。

誰かが死ぬ……その誰かが、明日は自分かもしれないという不安にかられ、男が何ものなのかを
必死でつきとめようとするが……。

ボタンを押してからの二人は、ずっとかわいそうです。
お金に困るように仕組まれていただけに、この二人が単に悪いとは言えませんが、ボタンを押したこと
自体が悪いことだと、本編は物語っています。
最後まで救いがないのがちょっと残念でしたね。
いつものキャメロンではないのもちょっと残念。

Toy Story 3

Toy Story 3(トイ・ストーリー3)
2010年のディズニー映画。
1作目が1995年の公開。 2作目が1999年の公開。人気のシリーズですね。
この3作目もかなりいい出来です。
1作目、2作目を見ていないと面白さが半減してしまうので、順序良く見ることをお勧めします。

子どもだったアンディが大学生になって自分の居場所を失ったおもちゃたちの葛藤を描いています。
もうすでにアンディから相手にされなくなったウッディやバズ。
アンディが大学へ進学することになり、おもちゃは処分されるのではないかと不安に……。
ウッディは大丈夫だとみんなに言い聞かせるも、手違いでみんなはゴミ捨て場!
なんとかゴミにならずに済んだおもちゃたちは、保育園に寄与されることになった。
また子どもたちに遊んでもらえると喜んだバズたちは、モンスターのような園児に苦痛を感じて……。

ラストは涙しそうになりますね。
アンディとウッディの別れは、シリーズを見ている人ならじ?んとくること間違いなし。

1作目は、新しいおもちゃ【バズ】の登場による【ウッディ】たちおもちゃとアンディの関係を上手く描いていました。
2作目は、子どもの遊び相手として一生を過ごすのか、レアな人形として博物館へ行くのか、おもちゃの生き方を
を説いています。
そして3作目は、大人になった子ども(アンディ)との別れです。

余談ですが、トトロが出ているのにはびっくり。
さすがの遊び心です。

シャーロック・ホームズ

いわずと知れた、コナン・ドイル原作の人気キャラクター、名探偵シャーロック・ホームズをガイ・リッチー監督が描いた2009年のアメリカ映画です。
主役のホームズにロバート・ダウニー・Jr 。よきパートナー、ワトソン君に ジュード・ロウ。

普通なら知的なホームズが、驚くほどの武闘派になっています。
そしてカッコ良すぎるワトソンくん。
見応えありますね。
これまでのシャーロック・ホームズとは、全く別物です。

個人的には、こっちの方がいいですね。
天才とは、こういうものだと思う。
どこか世間離れした天才肌の人間の方が、妙に納得できるし。

子供っぽいホームズが、とても良いです。
しかも強いし。

お勧めの映画です。
評価は80点。

プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂

2010年のアメリカ映画。(『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』でも監督だった、マイク・ニューウェルが監督を務めています。)
2004年発売の同名のTVゲームを実写映画化したアクション・アドベンチャー。
でもストーリーは異なっています。
世界観や設定をいかしたオリジナルストーリー。
13世紀末の中近東を舞台に、手に入れた者は数分だけ過去に戻って過ちを修正することができる「短剣」を巡っての冒険です。

冒険ものの王道的なストーリーです。
主人公は正義で、悪は悪らしく最後まで通しています。

ウォルト・ディズニーですし、製作を手掛けたのは『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのプロデューサーだったジェリー・ブラッカイマーですから、納得のストーリーでしょう。
子どもでも楽しめるはずです。

ついでにいうと、ニコラス・ケイジ主演の『魔法使いの弟子』も観てみたいですね。
これも、ジェリー・ブラッカイマー製作です。

動機付けが弱いのと軽いストーリーが少し気になりますが、心地よいテンポで進んでくれますので、楽しめます。

後味の良い映画です。

評価は70点。

第9地区

2009年のアメリカ映画。
宇宙船のトラブルにより、地球から帰ることができなくなったエイリアン。
そのエイリアンを隔離して居住させたのが、第9地区。
いろいろなトラブルがある、第9地区からエイリアンをさらに移住させるところから物語が始まります。

いや、意外と面白くてハマってしまいました。
エイリアンは凶暴で粗雑で、グロいシーンもけっこうあったり、ペットフードが大好きだったりと、B級作品感が全体的に漂っています。

……が、面白い。

見せ方、物語の勧め方がうまいのだと思う。

ストーリーは、それほど大したものではありませんが、主人公のダメ男を何故か応援したくなります。
どうみても最初は、嫌悪感漂う男だったのに……。

すばらしいB級作品です。

続編が出そうな予感です。

評価は65点。

ウルフマン

ビッグタイトルのアメリカ映画です。
2010年製作、監督はジョー・ジョンストン。

古典的な狼男の物語です。

アンソニー・ホプキンスは渋い演技を見せてはくれますが、どうにも地味です。
目新しい演出も無く、淡々と物語が進んでいきます。
最後の戦いまでは、眠くなる人も多いでしょう。

内面的な動きにばかりに関心が向き過ぎて、肝心な『魅せる』ということがおろそかになっています。
主人には少なからず、魅力がなければ、観ている方は退屈です。

それに、ドラキュラや狼男といった怪物を題材にすれば、アクションや目にもとまらぬすごい動きを期待するものです。
最近は映像の技術が進化していますから、どうしても期待してしまいます。

……それが、かなり消化不良。

悪い作品ではありませんが、なんのひねりも無い映画です。

古典的な物語が好きな人ははまるかも知れませんが、若い方はただ退屈でしょうね。

評価としては50点。

コララインとボタンの魔女

2010年に公開された、アメリカのアニメ映画。
同名の児童文学が原作ですが、これがどうしてなかなか良い出来です。

国際アニメーション協会(ASIFA)より発表された、第37回アニー賞で3部門受賞しただけのことはありますね。

最初はそれほど期待してみなかったのですが、独特の世界観に一気に引きずりこまれました。
ストーリーは子ども向けであることに違いはないのですが、その見せ方が上手い。

子どもの頃、ドキドキしながら絵本をめくったあの感覚がよみがえってくるようです。

映像もキャラクターも言うことなし。

ただ、子どもの中には気味悪がる子もいるかもしれませんね。

作品的には70点。

ダレン・シャン

2009年公開のアメリカ映画。 原作はシリーズ化されている同名の小説。
児童向けのダークファンタジーですね。

ストーリーは、主人公がバンパイアになって誰かを救うという、ありきたりなものです。

……で、映画の冒頭から感じていましたが、映画もシリーズ化してバンバン売りだそうという意気込みが感じられ過ぎて、なんだかなぁ?という気分です。

最初から続編を意識した作りだと、観ている方は興ざめですね。

一本に集中して、完結させる作りにしてほしかった。

まだハリー・ポッターの一発目の方が、全然イイ。
前振りだけして、何も回収せずに次回作へなげだされたような印象を持ちました。
これでは、観ている方は何にも楽しくありません。

まぁ少年少女向けということなのでしょうか。

大人の人には全然物足りないかと思います。

30点ですね。

アリス・イン・ワンダーランド

ティム・バートン監督の2010年公開のアメリカ映画です。
原作は言わずと知れたイギリスのルイス・キャロルが書いた児童文学、『不思議の国のアリス』、『鏡の国のアリス』です。

ジョニー・デップも重要キャラとして出演していて、話題性もなかなかのものでしたが、まぁまぁの作品ですかね。
大人も観れる児童ファンタジーといったところでしょうか。

映像はかなり凝っていて十分満足できる仕上がりですが、驚くようなストーリー展開もなければ、感動的なラストもないですね。
ストーリーにも、もっとオリジナリティを追求した方が良かったのではないでしょうか。
普通のありきたりなストーリーです。
残念ながら、楽しめたのは映像だけでした。

個人的には50点かな。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。